高卒の就職を成功させるノウハウ

*

入社契約書はどう書くべきか

   

略さず必要な情報はしっかりと書く

 入社準備の際に入社契約書を書くのなら、必要な情報はしっかりと略さず書くということです。略してしまう例としては株式会社を(株)と表記することがありますが、この入社契約書に関してはそう表さずしっかりと「株式会社」と表記するようにします。

 また必要な情報というのは、自分の名前と会社とその代表者、この契約書をいつ書いたかということを表記することになります。場合によっては自分の住所や生年月日も書いてもいいでしょう。

 幸い今ではこのテンプレートがネット上に存在するので、何か足りないものはないか、この書き方でいいかそのテンプレートで確認していくといいでしょう。

契約書の内容はどうするか

 契約書ということなので、自分が会社で仕事をする際に守るべきことを書いていくことになります。特に定まった書き方は存在しないので、情報漏洩をしない、就業規則を守る、会社に貢献するよう勤めるといった内容のことを番号を振って順々に書いていけばいいです。

 ただ、法律上書いてはいけない禁止されている契約の内容というのもあるため、書く際にはその契約が機能するかどうかも調べてから書いていくようにしましょう。

 最後に契約書であるので押印をすることも忘れてはいけません。

 - 入社準備

  関連記事

忘れちゃいけない!入社前のチェックポイント

入社後の待遇や働き方を確認  内定を貰った会社から受け取る書類の数々、これは隅か …

途中入社の心得と注意点

働きづらいのが途中入社です  途中入社するというのは、転職者にとってもなかなかし …

no image
入社の際に必要なものは会社によって違う

入社の際に必要なものは会社によって違う  採用されれば就職活動も終わるのですがだ …

電話への苦手意識を持っていると就職後大変なことに…|どうやって克服する?

電話の苦手意識を持つことによるデメリット  就職するにあたって、電話への苦手意識 …

no image
入社前に身に付けておく一般常識

学生生活と職場生活のギャップを知れ  高卒で就職する方の多くは、アルバイト経験も …

入社時の挨拶でしっかりアピール

入社時の挨拶の構成  入社する会社に勤めている人が、あなたのことをしっかりと認識 …