高卒の就職を成功させるノウハウ

*

就職率の高さは就活において何も意味がない

   

高卒の就職率は

 就職率というのは就職できた人数の割合を示した数値です。基本的にはこれが高ければ高いほど就職できた人間が多いということになり、その分就職環境はいいものと判断することができるようになるのです。

 高卒の就職率はここ最近では90以上をキープしており、大卒を上回った数値となっております。ということは企業としては大卒より高卒の人間をとっている割合が高いということです。そういう意味では高卒で就職したいと考えている人間にとっては環境的にはチャンスな時代ともいえます。

就職率が高い=就職しやすいではない

 ただ勘違いしてはいけないのが就職率が高いからといって自分が就職できる可能性が高いとは限らないということです。就職するには面接をしてそこから採用されなければいけません。ということは採用されるために自己分析を始めとした準備をしなければならないのです。

 就職率が高いこと自体は環境としては確かにチャンスではありますが、そこで対策をして努力をしなければまず受からないものであり、何より就職率が高いのはいいのですが、その比率に入っている方全員が自分の望んだ仕事に就けたとは限らないのです。

 就職率が高いからといって気を緩めず、自分の望む仕事に就けるように就職活動をしていきましょう。

 - 就職準備

  関連記事

no image
自己分析で自分に合った仕事を探すポイント

自分に合っている仕事に就くために  高校生の就職活動は、学業を優先することが前提 …

no image
高卒就職者は誰に相談するべきなのか

家族に相談するのはどうか  両親や兄弟に相談をすること自体は悪いことではありませ …

就職するための活動計画

就活の質を左右する計画の質  計画を立てなくても就職活動をすることはできますが、 …

就職活動を期間で考えてみよう

ある程度の期間がかかるのが就職活動  年齢的には若いとされていても、それでも就職 …

no image
企業研究の進め方と研究成果を活かす場面

就活では企業研究が必須条件!  高校生は就職活動のルールが決まっているので、9月 …

自己分析は就職活動の基本

自分のことを知るための作業  自分という人間は、どんな人間なのか。哲学的なことを …

no image
高卒で就職するなら、計画をたてよう!

高卒の就職活動にはルールがある  日本では、高校生が健全に教育を受けながら就職活 …