高卒の就職を成功させるノウハウ

*

自己分析で自分に合った仕事を探すポイント

   

自分に合っている仕事に就くために

 高校生の就職活動は、学業を優先することが前提になっているため、いろいろな制限がかけられています。9月に採用試験を1社受けたら、その結果が出るまで、他社に応募することができないのも、ルールの一つです。そのため、効率よく就職活動を行うためには、自分に合った仕事を探す必要があります。そのベースになるのが、自己分析をすることなのです。

自己分析の進め方とは?

 自己分析をするときには、必ず紙とペンを用意します。そして、子どものころから高校時代までに、自分の性格形成に影響を与えた出来事を書き出します。すると、どんなことに喜怒哀楽や、やりがいを感じるのか、何が得意化を知ることができます。そうした自分の長所や、興味があることに関わる仕事を選べば、意欲的に働くことができるはずです。

やりたいことと得意なことはイコールではない!

 ここで覚えておいてほしいのが、自分がやりたいことと、得意とすることは、必ずしも一致しないということです。仕事は毎日続けることですから、好きなことより、得意なことを活かす方が、作業効率も上がりますし、周囲の評価も高くなります。憧れの仕事に固執せず、長く働けるかどうかを基準に、求人を検討してみましょう。

 - 就職準備

  関連記事

自己分析は就職活動の基本

自分のことを知るための作業  自分という人間は、どんな人間なのか。哲学的なことを …

就職活動を期間で考えてみよう

ある程度の期間がかかるのが就職活動  年齢的には若いとされていても、それでも就職 …

no image
就職率の高さは就活において何も意味がない

高卒の就職率は  就職率というのは就職できた人数の割合を示した数値です。基本的に …

no image
高卒就職者は誰に相談するべきなのか

家族に相談するのはどうか  両親や兄弟に相談をすること自体は悪いことではありませ …

no image
高卒で就職するなら、計画をたてよう!

高卒の就職活動にはルールがある  日本では、高校生が健全に教育を受けながら就職活 …

就職するための活動計画

就活の質を左右する計画の質  計画を立てなくても就職活動をすることはできますが、 …

no image
企業研究の進め方と研究成果を活かす場面

就活では企業研究が必須条件!  高校生は就職活動のルールが決まっているので、9月 …