高卒の就職を成功させるノウハウ

*

面接で逆質問を促された時にするべき質問

   

事前にその会社のことを調べておくこと

 面接では必ず最後にこちらから質問をするように促されます。この際に何も質問をしなければその時点で相手にマイナスの印象を与えてしまうので、何かしら質問をしなければならないのですが、だからといって何を質問してもいいというわけではありません。

 してはいけない質問の代表として「調べればすぐ分かること」があります。実際に調べてすぐ分かるような質問をすれば、会社側からすれば「しっかり調べてこなかったな」と感じてそれでマイナスの印象を与えてしまうことになります。これを避けるためにはこのような質問をしないために、事前にしっかりと会社のことを調べておいた方がいいのです。

足を踏み込んだ質問はしない

 会社側からすれば自分達の会社のことにまだ入社もしていない人間が足を踏み込んでくることにいい顔ができません。なので業績や給料、有給といった雇用条件の質問をするのもあまりいいことではないといえます。

 もしこれらの質問をする場合には少し遠回りな答えを聞くための質問をした方がいいです。残業のことを聞く場合には普段どれくらい忙しいのかを聞けばある程度予想ができるようになります。

相手にやる気を見せることができる質問を

 例えば具体的にどのような仕事をしているのか、そのためにはこれからどのようなことをすればいいのか、これまでどのように仕事をしてきてどのような活躍をしてきた人がいるか、といった質問をすれば、やる気がある人間として相手にプラスの印象をもたせることができます。

 また一風変わった質問をして相手を唸らせるのもいいのですが、そうした質問は外してしまえば意味がないので、狙ってやろうとするのはやめた方がいいです。

 - 面接対策

  関連記事

面接の結果はマナー次第

マナーよければ全てよし?  どんな質問にどんな風に答えようか、それについての対策 …

キャリアも実績もない高卒の就職希望者が、面接でアピールしたい3つのポイント

コミュニケーションが取れることをアピール  キャリアも実績も実務経験もない志望者 …

no image
高卒就職での志望動機はどう考えればいいか?

志望動機は自分と会社のことを交えて考える  面接においては必ず志望動機は聞かれる …

上手に長所と短所を伝えてみよう

どうしてそう思ったのかが大事  面接で長所と短所を聞かれて、ただ長所と思う部分と …

答えを用意しておきたい質問

学校での出来事や思い出  その面接に至るまでにどのような人生を歩んできたのか、こ …

no image
面接でよく聞かれる質問とその対策

面接でよく聞かれる質問とは  面接では様々な質問が出るので全ての答えをあらかじめ …