高卒の就職を成功させるノウハウ

*

高卒就職での志望動機はどう考えればいいか?

   

志望動機は自分と会社のことを交えて考える

 面接においては必ず志望動機は聞かれることになるので、それを答えることは避けられません。何よりこの答え方によって相手の印象というのも大きく変わるので「この会社でないと駄目」ということを納得させる答えを出す必要があります。

 そもそもその会社に志望した理由としてはその会社の何かしらの部分に興味、意欲が湧いたはずだからです。なので志望動機を考えるのなら、その部分とそこに自分の興味と意欲を交えて考えるようにしましょう。

 逆に言えば志望動機が思い浮かばない場合にはその会社に行く気がないということであるので、もし思い浮かばなかったら一旦求人探しに戻って新しく探していくことが必要になります。

長すぎず短すぎず

 人によっては長い内容の志望動機も作れるかもしれませんが、面接している側としてはあまりダラダラと長く語られても途中から聞く気がなくなってしまいます。ただ羅列するのではなく、要約だけをコンパクトにまとめて言うのが必要となります。

 その場合には一度長くなってもよいので志望動機を書いていって、そこからどれくらいの長さになるのか確認をしてもし必要以上に長くなるのであれば、不要な部分を削っていき文を整えていきましょう。もちろんその際には他の文も確認して表現がおかしいと思ったところは修正していくようにします。

 - 面接対策

  関連記事

上手に長所と短所を伝えてみよう

どうしてそう思ったのかが大事  面接で長所と短所を聞かれて、ただ長所と思う部分と …

答えを用意しておきたい質問

学校での出来事や思い出  その面接に至るまでにどのような人生を歩んできたのか、こ …

no image
面接でよく聞かれる質問とその対策

面接でよく聞かれる質問とは  面接では様々な質問が出るので全ての答えをあらかじめ …

no image
面接で逆質問を促された時にするべき質問

事前にその会社のことを調べておくこと  面接では必ず最後にこちらから質問をするよ …

面接の結果はマナー次第

マナーよければ全てよし?  どんな質問にどんな風に答えようか、それについての対策 …

キャリアも実績もない高卒の就職希望者が、面接でアピールしたい3つのポイント

コミュニケーションが取れることをアピール  キャリアも実績も実務経験もない志望者 …