高卒の就職を成功させるノウハウ

*

入社前に身に付けておく一般常識

   

学生生活と職場生活のギャップを知れ

 高卒で就職する方の多くは、アルバイト経験もない社会人経験ゼロの状態です。このため学生生活と職場生活(環境)のギャップに付いていけず、学生気分のまま職場に接してしまうことも珍しいことではありません。しかし、職場生活においては、学生生活では当たり前のことでも、決してやってはならないことがたくさんあります。そんな注意すべき点があることを心得ておきましょう。お金をもらうために仕事をして会社に行く、当然ルールがあるのです。こうした「当たり前」を1日でも早く身に付けることが大切なポイントです。

注意一秒、怪我一生

 例えば名前の呼び方。名指しが当たり前の学生時代でしたが職場では上司は勿論同僚、たとえ後輩でも「さん」付けで呼ぶのが普通です。学生時代ではなかったビジネス文書で使う「御中」の使い方は大切です。頭語や結語も知ってほしいところです。また最近多い間違いが「ご返事」とすべきところ「お返事」と平気で使うところも注意したい部分です。入社したら会部に出す文書は、発言しかり、会社が出すものとなるのですから。また遅刻。学生も社会人でもあってはならないことは同じですが、社会人になればノーワーク、ノーペイの原則があり、遅刻した分は給料からカットされることになるのです。これらは残念ながら会社で教えてもらえないことも少なくありませんから、市販本等で学ぶことも重要となります。ほんの些細な気配り、注意で、致命的なミスは回避できるのですから。

おわりに

 今の時代高卒といえば、初めて社会人となる門出の年ともいえ、この門出の迎え方次第で将来に大きな影響を及ぼすことがよくあります。出だしで躓くと後々躓きやすくなるのです。逆に新高卒者にとって殆ど全てが初体験のビジネスマン人生にあっては、将来への展望を形作る大切な時間作りになるのです。社会人一年生ということで日々を精一杯生きることも大切ですが、その繰り返しが20代で、あるいは30代で独立開業の度量を得られるか、30代で取締役になれるかにとって、かけがえのない時間を同時に過ごしているのだという自覚を持ってほしいものです。

 - 入社準備

  関連記事

途中入社の心得と注意点

働きづらいのが途中入社です  途中入社するというのは、転職者にとってもなかなかし …

no image
入社契約書はどう書くべきか

略さず必要な情報はしっかりと書く  入社準備の際に入社契約書を書くのなら、必要な …

忘れちゃいけない!入社前のチェックポイント

入社後の待遇や働き方を確認  内定を貰った会社から受け取る書類の数々、これは隅か …

no image
入社の際に必要なものは会社によって違う

入社の際に必要なものは会社によって違う  採用されれば就職活動も終わるのですがだ …

入社時の挨拶でしっかりアピール

入社時の挨拶の構成  入社する会社に勤めている人が、あなたのことをしっかりと認識 …

電話への苦手意識を持っていると就職後大変なことに…|どうやって克服する?

電話の苦手意識を持つことによるデメリット  就職するにあたって、電話への苦手意識 …