高卒の就職を成功させるノウハウ

*

就職活動を期間で考えてみよう

   

ある程度の期間がかかるのが就職活動

 年齢的には若いとされていても、それでも就職したいと思ったら、早く結果を出したいと焦ってしまうもの。就職するには、それなりの期間が必要となります。

 一般的には4~5ヶ月くらいが平均的な期間ではないかとされているようですが、これは参考程度にしかならないでしょう。高校を卒業してからどのくらいの時間が経っているのか、その高校はどのようなところだったのか、就職活動を始めるまで何をしていたのか、どのような就職活動を行うのか。

 こうしたことが活動の期間の長短に影響を与えます。周囲の平均的な期間にあまり惑わされないような計画を立て、それを慎重に進めていく、この意識が問われるのかもしれません。

活動期間と就職活動の結果は比例する?

 就職活動の期間は、しばしば就職活動の結果と結びつけて語られることがあります。これが短過ぎるとあまり良い就職にはならないとする人もいますし、長過ぎてもあまりよくないという意見もあるようです。つまり、丁度良い期間というものが存在しているわけです。

 焦ってはいても、数週間や1ヶ月で就職を決めてしまうことがないようにしましょう。誰かの紹介や入社したい会社がひとつしかない場合にはそうしたケースもあるかもしれませんが、通常はじっくりと時間をかけて準備をし、さらに求人や企業を探し、対策を練りながら進めていくのが就職活動というもの。

 逆に長くなり過ぎると決断しにくくなったりモチベーションの維持にも悪影響を与えるので、準備の段階で「この期間で就職する!」といった目安を自分で決めておいた方がいいのかもしれません。

    関連記事参照

  1. 高卒で就職するなら、計画をたてよう!
  2. 自己分析で自分に合った仕事を探すポイント
  3. 就職率の高さは就活において何も意味がない
  4. 高卒就職者は誰に相談のか
  5. 企業研究の進め方と研究成果を活かす場面
  6. 就職するための活動計画
  7. 自己分析は就職活動の基本

 - 就職準備

  関連記事

no image
自己分析で自分に合った仕事を探すポイント

自分に合っている仕事に就くために  高校生の就職活動は、学業を優先することが前提 …

no image
高卒で就職するなら、計画をたてよう!

高卒の就職活動にはルールがある  日本では、高校生が健全に教育を受けながら就職活 …

就職するための活動計画

就活の質を左右する計画の質  計画を立てなくても就職活動をすることはできますが、 …

no image
就職率の高さは就活において何も意味がない

高卒の就職率は  就職率というのは就職できた人数の割合を示した数値です。基本的に …

no image
企業研究の進め方と研究成果を活かす場面

就活では企業研究が必須条件!  高校生は就職活動のルールが決まっているので、9月 …

no image
高卒就職者は誰に相談するべきなのか

家族に相談するのはどうか  両親や兄弟に相談をすること自体は悪いことではありませ …

自己分析は就職活動の基本

自分のことを知るための作業  自分という人間は、どんな人間なのか。哲学的なことを …