高卒の就職を成功させるノウハウ

*

キャリアも実績もない高卒の就職希望者が、面接でアピールしたい3つのポイント

   

コミュニケーションが取れることをアピール

 キャリアも実績も実務経験もない志望者は、一体何を面接でアピールすべきなのでしょうか。それを知るには、採用担当者が従業員に何を求めているのかを把握しなければなりません。

 ほぼ全ての企業の採用担当者が従業員に求めているのは、ズバリ、コミュニケーション能力です。これならあまりキャリアや実績等と関係なく、しかも、面接の場でアピールするにはうってつけのポイントとなるのではないでしょうか。

 相手の聞きたいことを正確に理解し、その上で、さらに一歩踏み込んだ内容で返すことができれば、コミュニケーション能力に長けていることを示すことができます。

表情と喋り方だけでもアピールは可能

 コミュニケーション能力がどういったものか細かく理解できてはいなくとも、表情や喋り方を気にすることはできるはず。それだけでも十分アピールとなり得るため、意識しながら面接対策を講じてみましょう。

 表情は、笑顔が基本。緊張するでしょうし、時には学歴等に触れられあまり良い気分ではなくなるような面接もあるかもしれませんが、それでも柔らかい表情で受け答えすることを意識してください。且つ、曖昧な言い回しではなく、正しい言葉遣いで意志や思いをハキハキと伝えることができれば、確実にポイントを稼ぐことができるでしょう。

他人と違う何かを持っていることが重要

 ブラック企業であれば、会社の駒のような従業員を重宝するのかもしれませんが、通常の企業であれば、それなりの個性も重視しているはず。面接では、他の人とは違う何かを持っていることをアピールしてみましょう。

 考え方や価値観はもちろん、特技や趣味などでもアピールに繋がることがあります。それが直接仕事とリンクしなかったとしても、面接官が「面白いやつだ」と思えば印象に残り、少なくとも何の特徴もない人よりは目に留めてもらいやすくなるのではないでしょうか。

 キャリア等がない人は、こうしたオリジナリティでアピールすることを忘れずに面接に挑まなければなりません。

    関連記事参照

  1. 面接でよく聞かれる質問とその対策
  2. 高卒就職での志望動機はどう考えればいいか?
  3. 面接で逆質問を促された時にするべき質問
  4. 面接の結果はマナー次第
  5. 答えを用意しておきたい質問
  6. 上手に長所と短所を伝えてみよう

 - 面接対策

  関連記事

面接の結果はマナー次第

マナーよければ全てよし?  どんな質問にどんな風に答えようか、それについての対策 …

上手に長所と短所を伝えてみよう

どうしてそう思ったのかが大事  面接で長所と短所を聞かれて、ただ長所と思う部分と …

no image
面接で逆質問を促された時にするべき質問

事前にその会社のことを調べておくこと  面接では必ず最後にこちらから質問をするよ …

no image
面接でよく聞かれる質問とその対策

面接でよく聞かれる質問とは  面接では様々な質問が出るので全ての答えをあらかじめ …

no image
高卒就職での志望動機はどう考えればいいか?

志望動機は自分と会社のことを交えて考える  面接においては必ず志望動機は聞かれる …

答えを用意しておきたい質問

学校での出来事や思い出  その面接に至るまでにどのような人生を歩んできたのか、こ …