高卒の就職を成功させるノウハウ

*

電話への苦手意識を持っていると就職後大変なことに…|どうやって克服する?

   

電話の苦手意識を持つことによるデメリット

 就職するにあたって、電話への苦手意識は絶対に克服しておくべきでしょう。

 生活習慣の見直しや体調管理の徹底など、就職する時にしておかなければならないことは山ほどありますが、電話の苦手意識はその中でも非常に重要なもの。電話対応ができなければ、それが会社全体の運営にも影響を及ぼしてくるからです。

 いずれ克服しなければならないなら、このタイミングで克服しておくべき。そのくらいの気持ちを持つことが、電話の苦手意識克服への第一歩となるはずです。

電話ではなく対面で話しているイメージを

 電話で緊張してしまう人は、相手が見えないことへの恐怖を過剰に感じてしまっている可能性があります。対面で話すのであれば緊張しないという人は、明らかにここに原因があるのでしょう。

 電話をする時にも、誰かと対面で話しているイメージを持ってみてはどうでしょうか。頭の中でイメージするといいのですが、それが難しければ誰かの写真を見ながら、その人と話しているイメージを強く持ってみるなどもひとつの方法です。

 その時、できるだけ親しみやすい人の写真や笑顔の写真を用意すると、緊張感もいくらか和らぐと思います。単純な方法ですが、電話の苦手意識というのは気持ちが生み出しているものですから、こういった方法で気持ちを変化させることはとても重要なことなのです。

すぐに謝る・心を込めて謝る

 就職後、電話対応をすることになれば、その先にいるのは必ず目上の人のはず。上司かもしれませんし取引先の相手かもしれません。いずれにしても、何か少しでも「まずい」と思うことがあれば、謝ることを心がけましょう。

 即座に謝ることで相手も感情的にはならないはず。相手が感情的にならなければ、自分も失敗に対して大きな罪悪感を感じずに済みます。心を込めて謝るのもポイント。口先だけではダメ。心から謝ることで、「素直に謝ることができた」と、自分を肯定することにも繋がります。

 電話対応では失敗しないことを第一に考えるべきですが、最初は失敗もしてしまうでしょう。そんな時に「謝る」という行為が徹底できていれば問題を大事にすることは避けられ、「電話対応なんて、所詮こんなもんだ」と考えられるかもしれません。処世術を身につける、一言で言うとこうなるのではないでしょうか。

 - 入社準備

  関連記事

忘れちゃいけない!入社前のチェックポイント

入社後の待遇や働き方を確認  内定を貰った会社から受け取る書類の数々、これは隅か …

途中入社の心得と注意点

働きづらいのが途中入社です  途中入社するというのは、転職者にとってもなかなかし …

no image
入社の際に必要なものは会社によって違う

入社の際に必要なものは会社によって違う  採用されれば就職活動も終わるのですがだ …

入社時の挨拶でしっかりアピール

入社時の挨拶の構成  入社する会社に勤めている人が、あなたのことをしっかりと認識 …

no image
入社契約書はどう書くべきか

略さず必要な情報はしっかりと書く  入社準備の際に入社契約書を書くのなら、必要な …

no image
入社前に身に付けておく一般常識

学生生活と職場生活のギャップを知れ  高卒で就職する方の多くは、アルバイト経験も …